Tapia

ビジネス

ロボット初の光回線サービス「Tapia光」が2017年提供開始。ロボット本体の分割購入が可能に

コミュニケーションロボット「Tapia」を開発するMJIは、NTT東西の光コラボレーションモデルを採用した光回線サービス「Tapia光」を2017年(予定)より提供することを発表した。 ロボットのTapiaとTapia光をセットで利用...
ピックアップ

Pepperに続くのはどれ? 2016年に発売された3大コミュニケーションロボット

2015年6月に一般販売が開始されたソフトバンクロボティクス製の「Pepper」以降、コミュニケーションロボット市場がにわかに盛り上がっている。 コミュニケーションロボットとは、会話や動作で人間とコミュニケーションするロボット...
デバイス

DMM、感情認識ロボット「Tapia」を4月28日より予約開始。6月発売、価格は税抜9万8000円

DMM.comは、MJIが開発した感情認識ロボット「Tapia」の予約受付を4月28日より開始する。初回生産300台の予約となり、発売は6月中旬を予定。価格は9万8000円(税抜)。 Tapiaは、タッチパネルやカメラ、マイク...
ライフ

MJIのコミュニケーションロボット、名称は「Tapia」に

ロボット開発のスタートアップ企業であるMJI社は22日、開発中の家庭用コミュニケーションロボットの名称を「Tapia(タピア)」に決定したことを発表した。2016年5月に発売予定で、2016年1月に開催される「CES 2016」では、JET...
デバイス

Pepperだけじゃない、会話できるロボット8選

2015年6月に発売されたソフトバンクロボティクスのPepperは、一般家庭だけでなく、店舗や企業にも利用が広がり、コミュニケーションロボットを身近に感じさせる存在となっています。 「我が家にも、そろそろ会話するロボットを導入する時期...