ドコモでのMNP予約番号の発行手順について解説

LINEMO

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を使って、電話番号そのままでドコモからLINEMOに乗り換えたいと思ってる人も多いと思います。

結論から言うと、ドコモでMNP予約番号を発行することで、簡単に乗り換えが可能です。

この記事では、ドコモでのMNP予約番号の発行手順について解説します。

月々の料金が高額なドコモから逃れるためにも、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

乗り換えにはMNP予約番号の発行が必要

電話番号そのままでドコモからLINEMOに乗り換えるには、ドコモで「MNP予約番号」を発行する必要があります。

発行したMNP予約番号を使って、LINEMOで申し込みを行うことで、現在の電話番号のままで乗り換えることが可能です。

MNP予約番号はWebで24時間発行可能

ドコモでのMNP予約番号の発行は、Webで行うことができます。

MNP予約番号の発行は電話でも手続きができますが、電話の場合、受付時間が午前9時から午後8時までとなっていて時間が限られます。

一番簡単なのかWebでの手続きで、24時間受付可能です。

MNP転出手数料は無料

なお、ドコモでのMNP転出手数料は無料です。

dアカウントでログインしてMNP予約番号を発行

ドコモでMNP予約番号を発行するには、以下のサイトから「MNP予約番号の発行」へと進みます。

MNPを利用した解約お手続き方法 | お客様サポート | NTTドコモ
MNPを利用した解約お手続きの手順、必要な費用やご注意事項についてご案内します。

dアカウントでログインし、手続きを進めることで10桁のMNP予約番号を発行できます。

MNP予約番号を発行しても即解約ではない

なお、MNP予約番号を発行しても、その時点でドコモが即解約になるわけではありません。

LINEMOに申し込みを行って、SIMカードが到着し、回線切り替えを行った時点でドコモは解約となります。

回線切替の手続きが完了するまで、ドコモの回線はそのまま利用できるので、安心してください。

MNP予約番号の有効期限は15日間

MNP予約番号の有効期限は、発行当日を含めて15日間となっています。

MNP予約番号を使ってLINEMOに申し込み、SIMカードが到着するまでは数日かかるので、MNP予約番号を発行したら早めに申し込みすることをおススメします。

まとめ

ドコモからLINEMOへ電話番号そのままで乗り換えるには、ドコモでのMNP予約番号の発行が必要です。

Webで手続きすれば、24時間いつでも簡単に発行が可能です。

なお現在、LINEMOではPayPayポイントがプレゼントされる乗り換えキャンペーンが実施中です。

この機会に、お得にドコモからLINEMOへ乗り換えてみてはいかがでしょうか。

参考>> LINEMOの乗り換えキャンペーンを詳しく解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました