LINEMOでは端末保証サービスも利用可能。持ち込みiPhoneにも対応

LINEMO

ドコモからLINEMOへの乗り換えを考えていて、「LINEMOには端末保証サービスはあるの?」と疑問を持っている人もいるかもしれません。

結論から言うと、LINEMOには持ち込み端末を対象にした2つの端末保証サービスがあります。

この記事では、LINEMOの端末保証サービスについて解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

LINEMOの端末保証サービスは持ち込み対象

LINEMOでは端末の販売を行っていません。

しかし、自分で持ち込んだ端末を対象にした端末保証サービスがあります。

ひとつはiPhoneを対象にした「持込端末保証 with AppleCare Services」。

もう一つがおもにAndroidスマホを対象にした「持込端末保証」です。

持込端末保証 with AppleCare Services

持込端末保証 with AppleCare Servicesは、iPhoneを対象にした端末保証サービスです。

利用中のiPhoneが思わぬトラブルに遭った場合に、修理代金の割引や交換などが受けられます。

自然故障の場合は、無料で修理を受けることが可能、

画面割れの修理が3,700円など、割安で修理を受けることができます。

また、「エクスプレス交換サービス」も利用可能です。

その他のサービスとして、LINEMO独自の「紛失ケータイ捜索サービス」「データ復旧支援サービス」も利用できます

月額料は機種によって異なり、たとえばiPhone SE(第3世代)は月額950円、iPhone 14は月額1,180円、iPhone 14 Proは1,480円などとなっています。

持込端末保証。

Androidを搭載したスマホ、タブレット、iPadが対象となる端末保証サービスが、持込端末保証です。

利用中のAndroidスマホやタブレットが思わぬトラブルに遭った場合に、割安で交換や修理を受けられます。

また、配送修理の場合、希望により代替機を無料で借りることも可能です。

紛失ケータイ捜索サービスやデータ復旧支援サービスといったLINEMO独自のサービスも利用できます。

月額利用料は715円。

持込端末保証に加入していれば、自己負担金6,600円で交換または修理が可能です。

ただし、交換端末または修理代金が保証上限額(50,000円)を超える場合、超過金は自己負担となってしまいます。

LINEMOの端末保証サービスの注意点

LINEMOの端末保証サービスは、基本的には契約時の申し込みが必要です。

なお、契約後も回線が開通した日を含む14日間であれば加入可能です。

保証対象端末を途中で変更することもできますが、変更時にはIMEI(端末識別番号)の登録が必要となります。

持込端末保証 with AppleCare Servicesと、持込端末保証の併用加入はできません。

まとめ

LINEMOの端末保証サービスについて見てきました。

LINEMOでは、iPhone、Androidスマホともに端末保証サービスに加入することで、修理や交換を割安で受けることができます。

端末の故障や破損が心配な人、ドコモでも端末保証サービスに加入していた人は、LINEMOの申し込み時に加入を検討してみてはいかがでしょうか。

参考>> LINEMOの乗り換えキャンペーンをチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました