LINEMOでeSIMを使うメリット・デメリットは? eSIMが使える機種も解説

LINEMO

LINEMOでは、従来のSIMカードに加えて「eSIM」も選ぶことができます。

しかし、「そもそもeSIMって何?」「eSIMを使うメリットは?」と思っている人もいるかもしれません。

結論から言うと、現時点ではeSIMは上級者向け。トラブルなどに自分で対処できる自信がない人は、従来のSIMカードを選んだほうが良いです。

この記事では、そもそもeSIMとは何か、eSIMを選ぶメリット・デメリットについて解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

そもそもeSIMとは?

eSIMとは、通信サービスの利用に必要な加入者情報(SIMプロファイル)を遠隔で書き込める組み込み型のSIMのことです。

端末にSIMカードを挿入することなく、eSIM対応端末にプロファイルをダウンロードするだけで、手軽に通信サービスを開始することができます。

LINEMOでeSIMを使うメリット

SIMカードの配送を待たなくていい

従来のSIMカードの場合、SIMカードの配送には最短でも1日〜2日かかります。

eSIMの場合、配送の必要がなく、プロファイルをダウンロードするだけで使用できます。

SIMカードの差し替えが不要

従来のSIMカードの場合、SIMピンなどを使ってSIMカードを差し替える必要があります。

しかし、eSIMの場合、前述の通りプロファイルをダウンロードするだけなので、SIMカードの差し替えも不要です。

オンラインですばやく完結

eSIMの場合、配送が必要ないので、最短1時間で申し込みから開通までが完了します。

従来のSIMカードの場合、2〜3日はかかるので、大幅に時間を短縮することが可能です。

LINEMOでeSIMを使うデメリット

対応機種が少ない

全ての機種がeSIMに対応しているわけではありません。

eSIMを使えるのは、eSIM対応端末だけです。

機種変更のたびに再発行が必要

eSIMで機種変更する際には、eSIMの再発行が必要となります。

SIMカードを差し替える必要はないですが、再発行の手間が必要なのはデメリットの一つです。

eSIMは上級者向け

SIMプロファイルをダウンロードする際は、Wi-Fi環境が必要です。

また、eSIMが使えない場合のトラブルには、自分で対処する必要があるため、eSIMは上級者向けと言えます。

eSIMが使える機種は?

iPhoneであれば、iPhone XR / XS以降の機種がeSIMに対応しています。

また、廉価版のiPhone SEの場合、第2世代以降の機種がeSIMに対応しています。

Androidの場合は、eSIMに対応しているかどうかは個別に確認が必要です。

まとめ

LINEMOでは、従来のSIMカードに加えてeSIMも選ぶことができます。

しかし、現時点ではeSIMは上級者向け。トラブルに自分で対処できる人のみ、eSIMを選ぶといいでしょう。

ぜひ参考にして、ドコモから格安なLINEMOに乗り換えてください。

参考>> LINEMOの乗り換えキャンペーンを解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました