LINEMOの「ミニプラン」と「スマホプラン」を解説。2つのプランだけでシンプル

LINEMO

ドコモからLINEMOに乗り換えようとしていて、「LINEMOのプランはどうなってるの?」と気になってる人も多いと思います。

結論から言うと、LINEMOのプランは2つだけでとてもシンプル。

この記事ではLINEMOの「ミニプラン」「スマホプラン」について解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

LINEMOのプランは「ミニプラン」「スマホプラン」の2つだけ

LINEMOのプランは、月間データ容量3GBの「ミニプラン」と月間データ容量20GBの「スマホプラン」の2つです。

2つだけで、シンプルでわかりやすくなっています。

KDDIの「povo」のように複雑じゃなく、どちらか自分に適した方のプランを選べばいいだけです。

ミニプランは3GB月990円

ミニプランは月間データ容量が3GBで月額990円(税込、以下同)です。

3GBを使い切った後の通信速度は最大300kbpsに制限されます。

なお、余ったデータ容量の翌月への繰り越しはできません。

スマホプランは20GB月2,728円

スマホプランは月間データ容量が20GBで月額2,728円です。

20GBを使い切った後の通信速度は最大1Mbpsとなっていて、それほど遅くならないのが特徴です。

スマホプランでも、余ったデータ容量の翌月への繰り越しはできません。

通話料は22円/30秒。2つのかけ放題オプション

LINEMOの通話料は22円/30秒です。

また、通話オプションは5分かけ放題の「通話準定額」、完全かけ放題の「通話定額」の2つがあります。

なお現在、通話オプションが1年間550円割引になるキャンペーンが実施中です。

参考>> LINEMOのかけ放題オプションと1年間割引キャンペーン

LINEMOを選ぶメリット

LINEを選ぶメリットは以下の3つです。

  • LINEのデータ消費がゼロ
  • povoのように複雑じゃない
  • ahamoのように通話オプション込みじゃない

LINEのデータ消費がゼロ

LINEMOでは、LINEアプリのデータ消費がゼロとなっています。

LINEのトークはもちろん、LINE通話やビデオ通話のデータ消費もゼロ。

また、データ容量を使い切って通信速度制限がかかっている時でも、LINEアプリの通信速度は落ちません。

LINEのトークや通話をよく使う人なら、LINEMOは最適です。

povoのように複雑じゃない

KDDIのpovoは、いろんなプランを組み合わせて選べるのが特徴ですが、複雑すぎます。

LINEMOは2つのプランしかないので、自分に合ったプランを選べばいいだけとシンプルで簡単です。

ahamoのように通話オプション込みじゃない

ドコモのahamoは、月間20GBに5分かけ放題が付属したプランしか選べません。

しかし、LINEMOでは月間3GBのプランも選べる上に、通話オプションの有無も自分で選べます。

LINEMOのデメリット

LINEMOのデメリットは、時間帯によって速度制御が行われる場合があることです。

通信速度を気にする場合は、ソフトバンクのもう1つのサブブランドであるワイモバイルを検討した方がいいでしょう。

また、前述のとおり、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができないこともデメリットです。

まとめ

LINEMOは2つのプランだけでシンプルなのが特徴です。

LINEアプリのデータ消費がゼロで、お得にLINE通話やビデオ通話を楽しめるのもポイント。

PayPayポイントがもらえるキャンペーンも実施されているので、この機会にドコモからLINEMOにお得に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

参考>> LINEMOのお得な乗り換えキャンペーンまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました