LINEMOの留守電パックは月220円。留守番電話や着信転送などがセット

LINEMO

ドコモからLINEMOに乗り換えようとしていて、「LINEMOには留守番電話サービスはあるの?」と疑問を持っている人もいると思います。

結論から言うと、LINEMOではオプションの「留守電パック」に加入することで、留守番電話サービスを利用できます。

この記事では、LINEMOの留守電パックについて解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

留守電パックは3つのサービスがセット

LINEMOの「ミニプラン」「スマホプラン」では、標準では留守番電話サービスは付属していません。

参考>> LINEMOのミニプランとスマホプランを解説

オプションの「留守電パック」に加入することで、留守番電話サービスを利用できます。

留守電パックは、「留守番電話サービス」「着信転送サービス」「着信お知らせ機能」の3つのサービスがセットになったオプション。

月額料金は220円(税込)です。

以下で、留守電パックの各サービスについて詳しく見ていきます。

留守番電話サービス

「留守番電話サービス」は、伝言メッセージを30件まで、最大72時間まで預かってくれるサービスです。

なお、留守番電話のメッセージを確認する際には通話料がかかります。

また、「通話定額」「通話準定額」に加入している場合でも、無料通話の対象外となり、通話料がかかってしまいます。

参考>> LINEMOの電話かけ放題オプションを詳しく解説

着信転送サービス

「着信転送サービス」は、かってきた電話を、あらかじめ指定した転送先へ転送してくれるサービスです。

なお、利用中のスマートフォンから転送先までの通話料は自身の負担となります。

着信お知らせ機能

「着信お知らせ機能」は、圏外時や電源OFF時に着信があった場合に、電波が届くようにってからSMSで着信があったことを知らせるサービスです。

留守番電話に伝言メッセージが残った場合には、伝言メッセージがあることを知らせてくれます。

留守電パックに加入したほうが良い人

  • 電話に出られない時間が長い人
  • 不在着信の用件を知りたい人
  • 転送電話を利用したい人

留守電パックに加入する必要がない人

  • スマホに留守電メモ(簡易留守電)機能がある人
  • それほど電話がかかってこない人
  • 転送電話を使う用途がない人

まとめ

LINEMOの留守電パックについて見てきました。

LINEMOでは留守電パックに加入することで、留守番電話サービスを利用できます。

ぜひ参考にして、高額なドコモから格安なLINEMOに乗り換えてください。

参考>> LINEMOの乗り換えキャンペーンをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました